ミニバスとは、ミニバスケットボールの通称で、小学生以下を対象にしたバスケットボールです。

意外と歴史は古く1970年に第1回全国ミニバスケットボール大会が開かれ、現在でも毎年全国大会が開催されています。

小学生を対象にしているため、一般のバスケットボールとはルールやコートの大きさなどが若干違いますが、チームによっては大人顔負けのシュートを決めたり、鮮やかなパスを回したりと見どころも多くあります。

ミニバスで培った技術をより磨いていくと、将来はバスケットボールリーグで活躍する選手も現れるかも知れません。

ボールやゴールなどは小学生に合わせたサイズを使用

ミニバスのコートの大きさは、縦28〜22m横15〜12mと通常のバスケットボールのコートと同じかあるいはやや小さくなるように幅を持たせてあります。

ボールは男女とも5号ボールが使用され、ゴールの高さは低身長でもゴールしやすいように2m60cmと通常より45cm低くなっています。

全体をコンパクトにした感じですが、小学生にとってはかなりの運動量になり、持久力や瞬発力などが鍛えられます。

チームのみんなが出場して楽しめるミニバス

ミニバスは使用するボールやコートだけでなく、競技のルールも通常のバスケットボールと若干異なります。

大きな特徴は選手の出場機会にあり、1ゲーム4クォーター制で3クォーターまでに10人のプレイヤーが出場しなければなりません。

しかも連続して3クォーターに出場することができず、クォーター途中の交代も認められません。

これはどのプレイヤーにも出場機会を与え、ゲームを通して自主性や協調性を養うことを目的としているからです。

ゲームの勝敗よりプレイヤーの育成が優先され、子どもの成長を促すスポーツとしての役目があります。

それ以外にも、スリーポイントシュートがなく、フィールドゴールに与えられる得点はすべて2点であったり、ファールで得られるフリースローの得点は1点であったり、ショットロックは30秒で継続がなかったりなど、細かな部分での違いはありますが、基本的なルールは通常のバスケットボールと大きく変わりません。

「走る」「投げる」「跳ぶ」の運動基本要素が入ったスポーツ

バスケットボールには「走る」「投げる」「跳ぶ」の運動の基本要素がすべて入っています。

ミニバスにもこの基本要素が含まれ、バランスのとれたスポーツとして小学生の間では高い人気を誇っています。

現在のバスケットボールリーグで活躍しているプレイヤーの中でもミニバス経験者は多く、小さい頃からその才能を発揮し、成長とともに磨きをかけてきました。

国際バスケット連盟にもミニバスケット部門があり、世界的にバスケットボールリーグのプレイヤーを育てる土壌が整備されています。