バスケットボールの新しいカテゴリーとして作られた「3×3(スリー・バイ・スリー)」。

2020年に開催される東京オリンピックの新種目に追加されたこともあり、今世界中で熱い視線を集めています。

3×3はストリート・バスケットボールなどで普及している3人制のバスケットボールで、FIBA(国際バスケットボール連盟)も公認している公式競技です。

展開が早くスピード感あふれるプレーは、5人制のバスケットボール(5on5)とはまた違った面白さがあります。

その魅力を十分に味わうことで、東京オリンピックもより楽しく観戦できるでしょう。

「3×3」と「5on5」の違い

3×3は5on5と同じようにゴールに入れた得点を競う競技で、ルールも5on5と基本的には同じですが、いくつか異なる点があります。

まずコートの大きさ。

5on5は横15m×縦28mであるのに対し、3×3は横15m×縦11mとコンパクトになっています。

そしてゴールは1つしか設置してありません。

5on5のスリーポイントラインはツーポイントラインになり、ラインの外側からのシュートは2点になります。

試合時間は5on5が1ピリオド(10分)を4回行うのに対し、3×3は1回だけで、どちらかのチームが21点以上得点すれば、その時点で終了となるのも3×3ならではのルールです。

観戦も参加もどちらも楽しめる

アメリカでは公園などにバスケットボールのゴールが設置してあり、ストリート・バスケットボールが盛んに行われてきました。

プロのバスケットボールリーグに出場している名選手たちも、かつてはこうしたストリートで腕を磨いたものです。

3×3はそのストリート・バスケットボールに世界統一ルールを決め、バスケットボールの魅力を広く普及するための競技です。

日本では世界に先駆けて国内のトップリーグ「3×3.EXE PREMIER」が作られ、2014年度からバスケットボールリーグが開幕しています。

プロならではのスピードと躍動感が体感でき、手に汗握るスリリングなゲームが展開されます。

また、高校生以上の男女を対象にした「3×3.EXE TOURNAMENT」はプロ・アマを問わず誰でも参加できる国内最大の公式のトーナメント大会。

3名または4名でチームを作ってエントリーすれば、あなたも出場できます。

この他にも3×3を広く知ってもらうためのイベントやゲームが各地で開催されるので、興味がある人はぜひ参加してみましょう。

3×3の楽しみ方を先取りしよう

3×3は誰でも気軽に楽しめるバスケットボール。

東京オリンピック開催を機に、さらに脚光を浴びることは間違いありません。

いち早くその魅力を覚えて、3×3の楽しみ方を先取りしちゃいましょう。