Bリーグ・アーリーカップはバスケットボールリーグの新しい魅力

2016年に誕生した日本の男子プロバスケットボールリーグのトップリーグ・Bリーグでは、設立後からいろいろな取り組みをしていますが、2017年から「Bリーグ・アーリーカップ」を開催。

B1、B2の垣根を払った一発勝負の戦いとあって第1回大会は大きな注目を集めました。

下克上もあり得る熾烈な戦いが各地で繰り広げられ、どの試合も大いに盛り上がったと同時にBリーグの新しい魅力がうかがえます。

第1回は4地区に24チームが出場

Bリーグ初のカップ戦として始まったBリーグ・アーリーカップは、リーグ戦の開幕前に開催され、東北、関東、東海・北陸、関西の4つの地区でB1、B2のチームが参加する地区別トーナメントです。

第1回大会となった2017年は各地区6チームの計24チームが激突。

東北地区では秋田ノーザンハピネッツ、関東地区はアルバルク東京、東海・北陸地区では富山グラウジーズ、関西地区では琉球ゴールデンキングスがそれぞれ優勝しました。

2018年はさらに参加チームが35チームと増えて、地区も4地区から6地区へと拡大。

今後も盛り上がりが期待できそうです。

緊張感が高まる一発勝負のトーナメント

Bリーグ・アーリーカップの魅力は、敗れたら終わりの一発勝負にあります。

それだけに緊張感も高く、すべてのチームが毎試合全力をぶつけてくるので、試合そのものも迫力があります。

特にB2のチームはB1に対して高いライバル意識で臨んでくるので、今後は番狂わせの試合も増えてくるでしょう。

地区別トーナメントであるためギャラリーも多く、どこの会場も大きな声援が飛び交います。

背番号に比較的自由なBリーグ

Bリーグ・アーリーカップは9月に開催されますが、Bリーグの開幕に向けた前哨戦なるため、チーム力や選手個人の仕上がりなどを見ることができます。

短期決戦で各チームともこの試合で弾みをつけたいところ。

それだけに選手の高いパフォーマンスが期待できます。

背番号は選手の代名詞

Bリーグは歴史が浅く、野球やサッカーと比べるとまだ人気は発展途上ですが、将来的にはリーグ戦チャンピオンシップ、天皇杯と並ぶタイトル戦にまでステータスを上げていく計画をしています。

リーグへ参戦するチームも増え、各選手が個性的なプレーでファンを魅了すれば、次第にバスケットボールリーグ全体に視線が注がれ、より多くのファンを獲得できることでしょう。