バスケットボールリーグのようなゴールをご家庭に

家庭でバスケットボールを楽しみたい、地域で近くの公園にバスケットボールゴールを設置したいというニーズに応えて、スポーツ用品メーカーから屋外用ゴールが発売されています。

NBA公認の本格的なものから、遊びながら楽しめる簡易的なものまで各種ラインアップされており、目的用途に合わせて自由に選ぶことができます。

バスケットボールリーグの選手を目指す人は、これを使えばシュートの確率を高めることができます。

バスケットゴールを構成するパーツのサイズ

バスケットボールリーグやNBAなどで使われているバスケットボールゴールは、高さ10フィート(305cm)で、リングは直径45cmになります。

またリングを固定するバックボードの大きさは縦105m横180cmで、主にアクリル強化ガラスが用いられます。

ゴールの高さやリングのサイズなどは公式ルールで決められており、屋外用ゴールも同じ設定にすることができます。

設置場所に合わせてタイプは3種類

屋外用ゴールはポータブル型と移動式型、固定型に分類できます。

ポータブル型は少しスペースがあれば家庭でも手軽に取り付けられるものです。

大がかりな施工も不要で、土台に水や土を入れて固定し、使わなくなったら横にして寝かしておくこともできます。

価格も30,000円くらいから10万円を超えるものまでさまざま。

通販で購入できるので気になる人はインターネットショッピングでチェックしてみましょう。

移動式型は鉄骨などが組まれて最上部にバスケットゴールを取り付けたものです。

下部にキャスターがついて自由に移動できるものもあります。

学校などのグラウンドでよく使われるやや大がかりなもので、価格も30万円以上します。

固定式は、バスケットゴールを取り付けた支柱を地中に埋め込むタイプのもので、施工が必要になり、施工後は移動できません。

公園や幼稚園などの教育施設などに見られます。

価格は施工費別で18万〜25万円。

家庭用ゴールはプロ用のゴールとは強度などが異なる

家庭用としては施工やコストを考えるとポータブル型が最適です。

ポータブル型の中にはバスケットゴールの高さも変えられるものもあり、ミニバスなど低学年でも気軽に楽しめます。

また地域の公園や小さい子どもが遊ぶ広場などには、安全性を考えて固定式を選んだほうが良いでしょう。

バスケットボールリーグやNBAで使用される本格的なものは、価格も高価になります。

プロ選手がよく見せるダンクシュートはそれなりの強度を備えており、安全を考慮して設計されています。

家庭用ではすべてがこのような設計をされていませんので、あまり無茶な扱いをせず、正しく使うように心がけましょう。